11 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 01
torrentを主にフリーソフトなどを紹介していきます!! sinceH19.6.11
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on 13:39:43
ファイル名:OEM BIOS Emulation Toolkit For Windows Vista x86 v1.0
Download:Down

シリアルを未入力のままインスコw
1解凍したフォルダ内にある「OEMTool.exe」を「右クリック→管理者として実行」で起動します。

2次にエミュレートするBIOSを選択します、そのまま「ASUS」を選ぶのが無難。
BIOSを選択したら「Install Emulation Driver」をクリックし仮想BIOSをインストールし再起動します。
※BIOSはドライバーとしてインストールされます、なのでデュアルブート環境でも影響はでません。

3解凍したファイル内の「CERTS」フォルダの中に「ASUS.xrm-ms」があります。
その「ASUS.xrm-ms」ファイルをCドライブにドラッグ&ドロップで移動させます。

4スタートメニューを開き「すべてのプログラム→アクセサリ」の順で移動し
「右クリック→管理者として実行」でコマンドプロンプトを起動します。
コマンドプロンプトの画面に「SLMGR.VBS -ilc C:\ASUS.XRM-MS」と入力しEnterをクリックします。
これでOEM Certificate情報のインストールができたと思います。

5解凍したフォルダ内にある「pkeys.txt」を開くと各エディションのSLPキーが載っています。
自分がインストールしたエディションのSLPキーをコピペします。

6先ほどと同様にコマンドプロンプトを管理者として実行します。
コマンドプロンプトに「SLMGR.VBS -ipk *****-*****-*****-*****-*****」と入力します。
「*****」の部分には「pkeys.txt」内でコピペした奴を入力します。
これでライセンス認証を突破し正規ユーザーとして表示されるようです。
犯罪になるかもしれないかもww
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motimotiblog.blog108.fc2.com/tb.php/47-263a82db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © モチモチブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。